スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
ひぐらしのなく頃に 第19話「目明し編 其の四 仕返し」
現在のトラウマランキング第1位→爪(第2位は野球バッド)
魅音と詩音における、ブチキレモードビクビクモードの切り替えの速さについていけなくて困っているイチ視聴者です、こんにちわ。
さっきまで劣勢に立っていたと思ったら、突然ブチキレて優勢に変わるもんだから、もう何や何やら。

魅音と詩音が双子だということが判明した時から、話の重要な部分で「入れ替えネタ」が盛り込まれているだろうという予測はしていましたが、この時点で入れ替わっているとは思っていませんでした。
もっと前に入れ替わっていると思ってた・・・。
整理すると、

・圭一と一緒に祭具殿に忍び込んだのは詩音。
・富竹、鷹野の死亡した翌日(?)からの魅音は詩音。
・圭一と電話をしていたのは詩音自身。
・地下に詩音として閉じ込められていたのは魅音。
・詩音として地下から助けられたのは魅音で、最初に死んだのが魅音のフリをしていた詩音??→その後圭一を殺しに行ったのが魅音か?


うーん。もしかすると、この後にもう一度入れ替わったりしてるかもしれないのでまだ不確かです。

それにしても、魅音が2度、圭一に「昨日の夜詩音と会った?」と聞いていたのが実は魅音と詩音が入れ替わっていたことの伏線になっていたとは・・・。
でも、冷静になって考えてみるとそうですよね。迂闊だった・・・。
最初見たときはてっきり、嫉妬深い魅音が、圭一と詩音が一緒に居たことを知っている上で何度もしつこく問いかけているだけなのかと思っていたので。(そういう風に思わせるような魅音の性格が、ミスリードを引き起こした要因だと考えると、本当に周到なキャラ設定及びシナリオだと思います)
他にも色々と伏線が張ってあるのでしょうね。
目明し編は祟殺し編の「解答編」になっているので、祟殺し編と見比べるのが一番わかりやすいのですが、残念ながら祟殺し編はHDDから消去してしまったため、必死になって記憶を呼び起こしながら見ています。

さて、来週は、梨花ちゃんや沙都子が失踪(殺害?)した辺りの話が繰り広げられるのでしょうか。
鬼ババに続いて、幼女への暴行が・・・(真面目な話、こういうのは精神的に辛い)





※この記事は、2004年から2006年にかけて、別のブログで投稿したものを再アップした記事になります。
ひぐらし | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://a-kansoublog.jugem.jp/trackback/76
Trackbacks
Recent Comments
Search this site :