スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
仮面ライダーカブト第1話
私の笑いのツボを抑えたカブト感想。
というわけで、仮面ライダーカブトの感想です。
たまたまテレビを着けたら放送されていたので見てみたのですが(しかも丁度第1話でした)、これがもう爆笑モノでして。
勉強で徹夜明けのため、テンションがおかしくなっていた私にはかなり「ツボ」だったようです。
どう考えても変だよ、仮面ライダー・・・。
ただ、他のブログさんでカブトの感想を回ってみると、どちらの方でも基本的には、私が「おかしい」と思ったところを受け入れていた(というか話題にすら上っていなかった)感じだったので、最近の仮面ライダーはアレが普通なのかもしれません。
仮面ライダーはクウガしか見たことがないので、免疫がついていないだけなんだと思います。(クウガもそこそこアレでしたが)


ではでは、書きやすいように、登場人物別に感想いってみましょー。



<主人公・天道総司>

私がカブトの感想を書こうと思った理由の90%はこの人にあります。
初登場が「甚平+下駄+豆腐」の俺様主人公なんて、生まれて初めて見ました。
「天の道を行き、総てを司る」という意味で「総司」なんだそうですが、確かに地上の人間では考えられない道をお行きになっていらっしゃる。
初対面の人間にわざわざ名前の由来を明かして見えない何かを見つめるその姿は、紛れもなく「変な人」でした。

口癖は「おばあちゃんが言ってた」。
某オトメ見習いと同じですね。
そっちは良い子に育ったから良いものの、こっちは「おばあちゃん」の教育のせいでとんでもない人間に育ってしまったようです。
おばあちゃんもあの世で後悔していることでしょう。(普通に生きてたらどうしよう)

ところでこの主人公、学校にも行かず職にも就かないで、のんびり美味しい朝食を作っていましたが、子供向け番組の主人公が「ニート」っていうのは、ちょっとマズイんじゃないでしょうか。
これを見た小さいお友達が、将来「何かが俺を待っているんだ」という理由で職に就かなかったらどうするんだ・・・。


<準主人公・加賀美新>

親の七光りでZECTに入った、へたれ系主人公。
どうでもいいけど、「ZECT」って「ZAFT」と似てるよね。(似てるどころか・・・)

天道とは逆に、自分に自信を持てない・・・持てないがために強がろうとするキャラクターのようです。
天道と彼を足して2で割れば立派の人間が出来上がるだろうに・・・。
まぁ、お互いの良いとこ悪いところを補い合っていく(時には足を引っ張り合っていく)ような展開になるのでしょう。
ただ、ひよりを助けるため、決死の思いでライダーベルトを手にして変身しようとしたところを、あっさり天道に持って行かれちゃった彼の姿を見る限り、そう上手くもいかないかもしれません。
あの状況(おいしいところは天道が横取り)が、これから最終回までずっと続く可能性の方が高そうです。
うーん・・・何と言いますか・・・とにかくがんばれ、加賀美!!


<ヒロイン・日下部ひより>

「甚平+下駄+豆腐」の主人公は初めて見ましたが、バイクと会話するヒロインも初めて見ました。
なんだ、アレ?!ぶっちゃけありえない!!(あ、プリキュア最終回良かったです)
「動物と会話をする不思議な少女」は漫画やゲームよく見る「ヒロイン」像ですが、「バイクと会話」ってのは新しいジャンルですね。
天道と接触を図るための設定だとしても、何もバイクじゃなくたって・・・。

このヒロイン、かなり謎めいた雰囲気を持っております。
けれど、そんなことより注目したいのは一人称の「ボク」
こんなところで萌えに気を遣うんなら、バイクの方をどうにかしろよ!と心の底から叫びたいです。
いや、でも・・・良いね、「ボク」。(ちゃっかり萌えてる)


<天道の妹・天道樹花>

ニートの兄を崇拝する典型的な「妹」。
顔は大変可愛らしいですが、あの兄の妹なだけあって、どこかズレた性格をしているようです。
なんか、いつか犠牲になりそうな位置にいる子だな・・・(で、天道が怒りでパワーアップ)


<ZECTのメンバー・岬祐月&チームリーダー・田所修一>

加賀美の上司です。
厳しいことも言いますが、基本的には良い人たちのようで。
特に田所さんは素敵な上司さんでした。あの渋さはたまらんね!

公式サイトの紹介文によると、岬は今後、「カブトの正体を暴くことに執念を燃やす」らしいです。
なんとなく、「カブトの正体が天道とは知らずに、天道のことを好きになる」というベタな展開が予想されるのですが、どうでしょう?
ガチガチタイプの祐月が自由人な天道にツンデレたりする姿をぜひ見せていただきたい。



はい、そんなワケで、第一話の登場人物別感想は以上です。
あー、楽しかった。
来週も感想を書くかどうかはわかりませんが、爆笑どころが沢山あったら書いてみようと思います。





※この記事は、2004年から2006年にかけて、別のブログで投稿したものを再アップした記事になります。
仮面ライダーカブト | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://a-kansoublog.jugem.jp/trackback/39
Trackbacks
Recent Entries
Recent Comments
Search this site :