スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
第一回声優アワード
本日三回目の更新。
もっと昔からこういうモノがあれば面白かったのに。
(ご存知ない方はこちらをご覧いただいたければわかりやすいかと思います。)

まぁ、今更な話題なんですが・・・。
イマイチ審査基準がよくわからない賞だったな、というのが正直な感想です。
では、各部門ごとにちょっとした感想を。(新人賞まで)

主演男優賞・・・福山潤
これはまぁ、妥当かなと思います。
一昨年から昨年にかけてこの声優アワードが実施されていれば結果は違ったかもしれませんが、昨年以降の露出を考えれば彼しかいないでしょう。
ただ、個人的には杉田に獲ってほしかった・・・!
最近また腕を上げてきているようなので、第二回ではぜひリベンジしてもらいたいです。

主演女優賞・・・朴ろ美
全受賞者の中で一番意外だったのが彼女です。
川澄か平野辺りが来るかなと思っていたので。
NANAの力を舐めてた・・・。

サブキャラクター賞 男優部門・・・石田彰、宮田幸季
石田と宮田が同じ賞を受賞してるというのがなんとも・・・(不自然すぎる)
どの候補者が獲ってもおかしくない枠でしたが、宮田が来るとは全く予想していませんでした。
「名サブキャラクター役」という意味では、若本規夫が一番ふさわしいような気がするのに、やっぱり色モノすぎるのか?(でもそこが良いところ)

サブキャラクター賞 女優部門・・・小清水亜美、後藤邑子
小清水亜美は大納得です。
こんなに演技の幅が広くなるとは思っていませんでした。
対して、後藤邑子はちょっと意外。
私は、釘宮・豊口辺りと予想していました。
沢城みゆきも捨てがたい。

新人賞 男優部門・・・森田成一、柿原徹也
主演男優はダメでも、せめて新人賞には入ると思ってた・・・!>杉田
というか、杉田や宮野真守らを差し置いて森田・柿原が受賞するのはどうにも納得がいきません。(特に柿原)
ああ、あと、ちょっと驚いたんですけど、森田成一って「新人枠」なんですね。
一瞬、演技レベルが「新人」って意味なのかと思ってしまいました。
デビューしてまだ5年以内だったとは・・・もっと昔からいたような気がします。

新人賞 女優部門・・・鹿野優以、平野綾
ここで平野綾が登場。
主演女優賞でも歌唱賞でもなく、新人賞に落ち着きました。
妥当といえば妥当か。
鹿野優以は、個人的には好きなのですが、小林ゆうの方が良かったかなと思います。
牧野由衣はもっと伸びるかと期待していたんだけどなぁ。


・・・とまぁこんな感じで、半分納得・半分「ええ?」な結果となりました。
声優さんという職業柄、本人の演技云々よりも作品の話題性・キャラクターの人気に左右されやすいのは仕方のないことで、逆に言えば巡ってきた運をきちんと掴むことのできた人こそが受賞するにふさわしいと言えるのかもしれません。
雑記 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
お久しぶりです! 私も生きてます(笑)。

第1回ですので、「とりあえずこーなりました」感がありますね。
投票を基にノミネート→選考委員会で最終決定という方法には違和感がありました。(組織票対策でしょうか)

『NANA』とか見てない作品もあるので、この結果が妥当かは判りませんが、概ね綾菜さんに同意です。
ただ、サブキャラ部門が複数受賞なら、田中理恵さんも入れて欲しかったですね。(もちろん、ミーアですよ?ラクス様はサブじゃないですから!)
後藤さんは‥確かに好演でしたが、「平野は新人賞だし、杉田は外れたから、入れとけ」みたいに穿った想像をしてしまいました。

若本さんは、いずれ「功労賞」の対象になるのでは? この賞が続いていたらですが(笑)。
Posted by 忍々丸 | 2007/03/24 12:44 PM

お返事>忍々丸さん

お久しぶりです、こんにちわ!
お元気そうで何よりです!

>「とりあえずこーなりました」感
そうですね。
実施者自体も、まだ手探り状態だったのかなぁという感じがしました。
第二回以降は、もう少し具体的な選考過程が見られるかもしれませんね。

>ただ、サブキャラ部門が複数受賞なら、田中理恵さんも入れて欲しかったですね。
個人的には、トモエ(舞乙HIME)で受賞してもらいたかったです・・・!
田中理恵があれほどキレた演技ができたことに軽く感動を覚えた記憶がありますので(笑)

>「平野は新人賞だし、杉田は外れたから、入れとけ」
(笑)
ほんと、その通りだと思います!
「ここらで一人入れとかないと苦情出るよなぁ」みたいな。
ちなみに、後藤さんの一番の魅力は「わざと音痴に歌える」点にあると思います(あんなに上手く音痴に歌える人、他に知らない)

>若本さんは、いずれ「功労賞」の対象になるのでは?
あ、ほんとですね!
彼が居るか居ないかで、作品の渋みがググッと違ってくるくらいですから、きっといつか「功労賞」に輝く日が来るはず。
その時の対象キャラクータは、縦ロールが魅力の皇帝陛下でお願いします(笑)
Posted by 綾菜 | 2007/03/25 12:36 AM

Post a Comment










Trackback URL
http://a-kansoublog.jugem.jp/trackback/156
Trackbacks
Recent Entries
Recent Comments
Search this site :