スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
冬の新作ドラマ感想
記事の内容と全く関係はありませんが、「華麗パン」は結構おいしいですよ。(ぷち情報)
今期は新しく始まったアニメを何も見ていないので、代わりにドラマの感想でも書いてみようかと思います。(種デスSEの感想は後日ちゃんと書きますので!)

今回見てるドラマは、「華麗なる一族」「花より男子2リターンズ」の二つだけ。
あと、初回だけ「きらきら研修医」も見ました。
もはや「ドラマのフジ」の時代は(私の中で)消え去り、ついにTBS系オンリーです。
「演歌の女王」や「東京タワー」も見るつもりでしたが、色々あって見逃しました。
まぁとりあえず、見たものだけ感想書いてみます。


<華麗なる一族>

今期注目度ナンバー1のドラマ。
キムタクが久々に連ドラに帰ってきました。
金融再編の激動時代を描いた話ということで、見る前から「視聴率男も今回はコケちゃうんじゃない?」とか心配してたわけですが、そこはさすがの山内豊子原作。
ドラマとしてもお話としても、かなり面白い作品に仕上がってました。少なくとも私は好きです。

1話目から、「これでもか!」というくらい複雑怪奇な「一族」の姿が曝されています。
この人間関係に比べれば、むしろ高炉建設や金融再編なんて微々たる出来事でしかないと思うのですが。
2代前からただれた人間関係が形成されているとは、予想外でした。
お昼は銀行頭取として頭を抱える万表父に至っては、夜の生活が一番輝いて見えます。
どうでもいいけど、「左側に座った方がその日の夜の相手」などというルール、一体何をどうすればそんな「暗黙の了解」が出来上がるのか。
北大路欣也が演じていなければ、ただのエロじじぃじゃねーか。

木村拓哉は、明らかにこのドラマの雰囲気の中で一人浮いてる気がします。
堅いドラマって聞いてたからどんな演技を持ってくるのかと思いきや、普通にいつものキムタクでした。
でも、あの昭和の空気にそぐわない演技が、かえって鉄平の良さを表しているようにも見えるので、変な凝り方はせずこのまま突っ走ってほしいと思います。
ああ、あと、山本耕史。
土方(新撰組)のような漢前な役も意外とハマってたけど、個人的には銀平のような卑屈な役が彼には一番似合ってると思う。(※誉め言葉)


<花より男子2>

「2」になって何が一番びっくりしたかって、松潤の眉毛が細くなったことでもなければ、成長期のはずの弟がほとんど成長しないままだったことでもなく、とにかく松田翔太と阿部力の演技が少し上手くなっていたことが!!
前作ではほんとに。ね。
阿部力のジェスチャーアクションがオーバーなのはまぁ仕方ないとして、松田翔太は「松田DNAをどこに置き忘れてきたの」と問い質したくなる演技を披露してくれていたわけで。
そんな彼らが成長して帰ってきたとあらば、これはもう大変なことですよ。
1年という期間は思いのほか長かったようです。

話の内容は、原作で昔読んだことがあるようなないような・・・なので、どんな展開になるのかわからない状態で見ています。
オリジナルと原作が半分ずつくらいなのかな?
今のところ、1話の間に5回は「イラッ」としています。
つくしと道明寺が人の話をちゃんと最後まで聞けていれば、多分このドラマ、1時間でハッピーエンドになれると思うよ。


<きらきら研修医>

「TBSでガチャピンが医者になる」という衝撃ニュースの真実を確めるためだけに見たドラマ。
ギャグのセンスとか台詞のテンポとか、言いたいことは山ほどあるけれど、とりあえずあのガチャピンネタは許しがたいものがありました。

あんなコトのためにわざわざガチャピンを呼び出したのか!

一体誰へ対するアピールなのかはわかりませんが、とりあえず、ガチャピンは仕事を選ぶようにしたほうが良いと思います。

ああでも、寺島進は相変わらず渋くて格好良い・・・。
雑記 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://a-kansoublog.jugem.jp/trackback/150
Trackbacks
Recent Entries
Recent Comments
Search this site :